日除けのれんに適した素材

暖簾を楽しむたのめの知識

日除けに適した綿素材の暖簾は、帆布・バンテンなどがおすすめです。
実際にはどちらも正式には綿ではなく、ポリエステルを綿加工に仕上げた素材になります。

帆布はかなり厚みがあり、丈夫な所が特徴的です。
別名キャンバス地とも呼ばれ、バッグなどにもよく使われている素材なので身近な存在でもあります。

日除け暖簾として使われることが多く、しっかりと光を遮ってくれます。
生地の厚みは透けにくさにもつながるので、風呂暖簾として使うのも良いでしょう。

日除けに使われる

硬い手触りで重厚感を出したい時にもピッタリです。
丈夫なため、長い期間使用しても傷みにくく店舗などで使う時にも好まれます。

水に濡れると変色する可能性があるため、濡れやすい場所での使用には気を付けてください。
一方バンテンも同じく綿加工素材ですが、こちらの方が柔らかみがあります。

より綿に近い風合いなので、使い勝手が良いのがポイントです。
旗に使われることも多いため綺麗に風になびきます。

やわらかくても耐久性は十分あるので、シワになりにくくへたらずに使うことができます。
直接肌に当たる場所に使う時は、こちらがおすすめです。

日に当たる

生地を織る時に、細かい隙間を空けて織られているため若干透け感はあります。
そのためある程度の明るさが欲しい時に向いている素材です。

どちらも暖簾としてはポピュラーな素材として使われています。
日除け効果は2つとも高いので、使う場所の雰囲気や用途によって選んでください。

 

染色技法     染料との違い  化学反応を活かしたのれんの染め方  暖簾の意味    おしぼり代わり    人気の素材    目を引く    独自の世界観京都のれん株式会社    製作依頼    製作の流れ    既製品でお得に    マップ